はじめに 。。 リンク集 。。 本のブログ 。。 小さな工夫

twitter@tea330

2007年02月07日

248.シントピックリーディングの使い方

シントピックリーディングの講座に行った。
4冊の本を並行して2時間ほどで読む方法である。

さて、この方法をどのようにして利用できるか、
列挙してみた。

・4つのうちの1つを選択しなければいけない場合。
 例えば、大学受験志望校を選ぶなら、
 赤本4冊のシントピックリーディングも
 いいかもしれない。

・4冊の本のうち、どの本を詳しく読むか、
  競わせる。

・4冊の内容を複合して、何か作らないといけない場合。
 例えば講演や原稿の用意にいいだろう。

・いくつか流派がある場合、どの方法がいいか、
 比較する。
 例えば、健康的な食事として、
 マクロビオテック、ナチュラルハイジーンなどがあるが、
 それぞれの主張をまとめる。

シントピックリーディングに向いてない本は、

・1冊を理解しないと次の本に行けない場合は、
 向いてないだろう。
 例えば、英語の本の入門、初級、中級、上級など。

・それぞれの本があまりに難解な場合。

posted by ティー at 20:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の着想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。