はじめに 。。 リンク集 。。 本のブログ 。。 小さな工夫

twitter@tea330

2008年03月02日

262.マラソンの応援

マラソンに出ると、応援が励みになります。

こんな応援言葉はちょっと、
という例を書いてみます。

・歩くな、マラソンだぞ。
  言われたのは私ではないですが、
  歩かなければいけないのは、
  足を痛めているなど、理由があるはず。
  指図するのは、ちょっと、
  と思いました。

・あきらめるな。
  あきらめてないから、走り続けているのですが。。

・おじさん(おばさん)、がんばれ。
  単に「がんばれ」でいいのでは。

・お父さん(お母さん、おじいさん)、がんばれ。
   他人にお父さん(お母さん、おじいさん)と
   呼びかけるのは、いまいちだと思いました。

・うらやましいぞ。
   抽選に落ちた方だと思うのですが、
   こう言われても困ります。

いい応援。

・がんばれ。
   これがベストです。

英語だと、
・I'm proud of you.
・We love you!

あたりもいいですね。
posted by ティー at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の着想

2008年03月01日

261. 何を隠しているか。

ボードリヤールの「シミュラークルとシミュレーション」という
本の中で、シミュレーションの4段階が出ている。

 1.現実の反映。
 2.現実を隠す。
 3.現実の不在を隠す。
 4.現実と無関係。

「現実を隠す」という観点はおもしろいと思った。

そこで何かを隠している場合を列挙してみる。

・推薦状
  何に触れてないかを見る。

・新聞。
  偽装がよく取り上げられている。
  真面目に仕事をしている大勢の人たちのことは、
  新聞には載らない。
posted by ティー at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の着想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。